♪2019年6月12日

2019年6月12日
住之江の第九練習

住之江の第九チラシとスケジュール配布
チケット販売スタート

第九
730から920ラストまで
♪R
テンポはゆっくりめです。86
クレッシェンドになって早くならない。冷静に歌いかける。
♪ 730から744
休符を正しく。音をしっかり切る。厳しく切る。
♪ 730
sturzt発音注意。母音をしっかりと。
♪ 737
少し高めにとって、音の長さが短くならない。
♪ 739
「ミ」をしっかりと高めに。
♪ 742
シ♭大切な音だからしっかりとフォルテ。
♪ 743
アルト 「ソ」ずっと上がる。
♪ 745から763
前の厳しくからガラリと変わり、気持ちを込めて。
♪ 745
付点2分音符です。休符はありません。
♪ 743
ソプラノ 早く高い音にする。
♪ 744から745
しっかりと呼びかける。仲間になった人を呼びかける。明るく広がるように強くならない。
♪ 758
アルト ドは下がらない。
♪ 752
クレッシェンドはピアノの中で大きくする。
♪ 749から
子音を前に出す。聞こえてこないから。

S
♪ 795から800
ソリストの盛り上がりを受け継いでコーラスが主役となる。
強く心をはっきりと。
ブレスの前で音を削らない。
プレストないから早くならない。
♪ 801
was発音注意。
Mo強く。
♪ 802
「s」強く。
♪ 803
ge 強く。
♪ 806から
フォルテシモ
♪ 810から
穏やかに緩やかに。
♪ 810から811
テーマの大切な部分気持ちを込めて。
♪ 802
ソプラノ 装飾音をなめらかに。
♪ 818
ピアノを小さく歌いすぎないこと。
このテーマを前はユニゾンで歌っていたが、ここは4声に分かれています。ですから前のテーマと同じ声量だと4分の1になります。ここでは4倍の声量で歌うこと。
D 上歯の裏に舌がついて離れるように歌う。離れることが大切。
♪ 818から819
エネルギッシュに。
ソプラノ 高い音形でクレッシェンド。
♪ 831から832
遅くならない。
最後のnは2秒間口を開け、下を上の歯の裏につける。
♪プレスト
子音を早くして遅れないように。丁寧に。
♪ 860
W アクセント。
♪ 861から863
ガンバラナイ。
♪ 865から876
同じ音形が続くがvoterを目指してクレッシェンドする。
♪ 873
ソプラノ 盛り上がって着地したまま
にならない。引き続きより盛り上げて持続する。
句読点できる。
♪ 880から894
ソプラノ 言葉がわかるように文章として。
アルト Welt!の最後のtの発音を忘れず。音の長さを注意。
♪ 899
ソプラノ4分音符。
♪ 880から894
音の長さ注意する。おこらない。
♪ 887
テノール フォルテシモ
♪ 877と878
テノール 丁寧に歌う。
♪ 895から901
音は切らない。
♪ 887
テノールフォルテッシモ0
♪ 877
テノール丁寧に歌う。
♪ 895
テノール
♪ 895から901
音は切らない。音を保つように。
はっきりと。
♪ 915
フォルテシモ張りのある声で。
♪ 917
ピアノ
Elysium 気持ちを込めて伝える
♪ 916から
4分音符60と言う事は8分音符120です。
1拍とっているのが130なのでそんなに遅くならない。
♪ 920
楽譜に早くならない。

 

♪2019年6月5日

□連絡事項

10,000人の第九申し込み
曲紹介配布
演奏会の紹介
6月誕生日会お二人🎂

いつの日か
□赤とんぼ
39ページ
♪ 2段目3小節
「ゆ」低い音なのでしっかりと出す。
夕焼けは目線の高さにあるイメージです。夕焼けを望むように。
40ページ
♪ 2段目
転調 前奏より音をつかむ。覚える。ソプラノはメロディー。
♪ 2段目1小節
アルト 青々とした山の畑のイメージ。天保山ではない。
♪ 3段目2小節
アルト ミ♭を高めに。低くならない。
ポジティブな気持ちで。
♪昔、カゴに積んだ桑の実は幻だったのかと言う気持ちを持って歌う。
♪ 3段目3から4小節
アルト 「まぼろしか」しっかりと歌う。次にバスが引き継いで歌うためにも。
膨らませてクレッシェンドデクレッシェンド。
明るくなめらかに。
♪ 3段目4小節
ソプラノ リタルダンドなのでしっかりと伸ばす。
41ページ
♪レ♭がド#になるように。同音となってレファラになっていく。
♪ 1段目
バスがメロディーを強く。テノールは音を控える。
♪ 2段目
テノールはメロディーを強く。
バスは音を控える。
♪1段目1小節
テノール バスの「じゅうご」の音を引き継ぐ。
♪ 2段目1小節
バス テノールの「おさとの」を引き継いで歌う。
♪ 1段目2小節
テノール 「ね」半拍。
♪ 1段目3小節
テノール 「よ」半音下がる。
♪ 2段目3小節
テノール「え」は前の音と同じ。
♪才能豊かな山田広作は相愛大学 学長室と縁が深い。
♪ 1段目3小節
テノール シ♭を忘れない。
♪ 2段目3小節
テノール
メロディーの音を外さない。同じパートの歌声に合わせる。声を合わせる。飛び出さない。
♪ 3段目
ハミング
叙情性を込めて。
膨らませてしぼめる。
♪ 3段目3小節
伴奏の和音を聴いて、4番の歌い出しの音をつかむ。
♪アカペラの正しい歌声を感じよう。
♪ 3段目4小節
テノールバス明るい響き。叙情的に。
バス ドソドの響きの音程は、どの調になっても音が取れるように。叙情的に。
42ページ
♪ 1段目5小節
だんだん遅くなる。指揮を見る。
♪ 1段目1小節
ソプラノアルト明るい音で。
♪ 1段目2小節
ソプラノ 「かと」アルトと同じ音まで下りる。
「あ」下からズリ上げない。
明るい音で。
♪ 1段目4小節から2段目2小節
アルト 指揮を見る。リタルダンド
ソプラノなめらかにリタルダンド。
気持ちを込めよ。
♪ 1段目1小節
バス ミソラ(階名ドミファミ)しっかり上がる。
♪ 1段目2小節
「ん」M口を閉じる。次が「ぼ」Bだから。
「あかとんぼ」丁寧に言い直す。
♪ 2段目1小節
テノール音注意。息を上に持っていく。室外機の音にならない。ソプラノを支えることです。
♪ 1女1男女5小節
テノール 3音目元に戻す。ドレド
♪美男子の声で歌おう。
43ページ
♪ 3段目5小節
最後はピアノが終わっても伸ばす。指揮が切るのを待つ。
♪ 1段目3から4小節
ソプラノ しっかり歌いきる。
バス 2小節ごとにブレス取る。
♪ 42ページ3段目から43ページ1段目
アルト 雄大に。
♪ 43ページ2段目2小節から4小節
バス ドレミファになる。
♪ 3段目3から5小節
途中息継ぎしてください。
♪転調の音取りができ色合いが取れれば、かなり良い物に仕上がる。

 

♪2019年5月15日

久しぶりに中村先生のご指導による「いつの日か」の練習でした。自主練した結果が出たようです。
次回は難しい「赤とんぼ」です。
■配布物
南港コーラスフェスの集合写真
親睦会会計報告
住之江の第九についてお知らせ
先生方のコンサート案内
5月の誕生会 お二人様、いつもお世話になります。

●里の秋
♪どんぐりコロコロのコミカルな曲からしっとりとした曲へと全く違う世界観を歌いあげる。
♪ソプラノ息を早く「すー」と流す。爽やかに歌うこと。
36ページ
♪ 1段目4小節と2段目4小節
ソプラノ 低くなって終わらない。次に進むようにブレスをとってつなげる。明るく。
♪ 1段目4小節
ソプラノ 「秋」が強くならないように。暗くならない。
♪ 1段目3小節から4小節
ソプラノ里の秋を明るく歌う。
♪ 2段目4小節
ソプラノ 暗くならないようにする。背骨と背筋を使ってちゃんと支えて歌う。
♪ 1段目4小節
アルト 「あき」を明るく。
♪ 1ダンメ1小節
アルトは出だしのソは3和音の根元の音になる。とても大切な音である。安定させて歌う。
ソプラノは3和音の骨格になるレを揺れないで正しく音を歌う。
♪ソプラノアルトは縦の方向に張りのある声で歌う。
♪ 2段目4小節
ソプラノアルト 同じ音に合わせる。
下がる音は気をつけて音程を取る。
♪ 1段目1小節
バス 下がっていく事は明確に取る。もやっとしない。明るい声で歌いだす。
♪ 1段目3小節
バス ドレミファソと上がっていくことに気をつけよう。
♪ 2段目3小節
バス ドドレレソになる。1段目3小節とは違う。
♪ 1段目1小節
テノール直音をとって歌いましょう。しっとりと歌う。
♪ 2段目3小節
テノール音程を明確に。
♪ 1945年10月戦後まもなく復員兵を迎える曲。里は平和な状況である。
♪ 1段目3小節
テノール 「さと」が上ずっている。
♪ 1段目4小節
テノール ソプラノと同じ音です。
♪ 3段目は子供の心情を歌っています。ソプラノはハリのある歌声にする。
♪アルトは人生で1番明るい声で歌うようにしよう。
♪ 3段目1から2小節
アルト メゾフォルテを目指してクレッシェンドする。
♪ 3段目4小節
ソプラノ メゾフォルテだから力を抜かない。
♪ 3段目1から2小節
アルト 少年少女の無垢な気持ちを歌う。
♪ 3段目3から4小節
アルト 歌いこむ。
♪ 4段目4小節
ソプラノ 小さくしない。次につなげる。
♪ 4小節2段目
テノール 「かあさ」リズム注意。
37ページ
♪ 1段目1から2小節
アルト 栗の実を煮ているように丁寧に歌う。
♪ 1段目1小節
アルト 「く」を高めに取る。
♪ 1段目1から4小節
ソプラノアルト メゾフォルテのままに歌いきる。
♪ 1段目4小節
バス 低い音を気張らなくて良い。
♪ 1段目1小節
テノールバス 三度の音を正しく歌う。
♪ 4段目
フェルマータの後、伸ばし指揮を見て音を切り、ブレスしてハミングをだんだん小さく絞り、指揮をよーく見て早めに切る。
♪ 1段目4小節
テノール 高い音は高く取る
バス 最後の音は高めに取る。
「ルンルン」を編曲者は復員を楽しく待ちわびる気持ちを込めている。弾むように。
タイミングは、男声の「ルンルンルン」の後、女声が続けて歌う。
♪ 3段目2から3小節
ハミングは優しく。重くならないように。
♪ 2段目3小節
バス ミ♭は暗めに取らない。
♪ 1段目4小節から2段目2小節
テノール縦の方向に弾むこと。リズム要注意。
♪2段目3小節
テノールすぐにAhと歌う。
♪ 1段目5小節
「ルンルン」は短い音の方である最初の音を弾ませる。
♪ 2段目2小節
ソプラノ ソドミの音程注意。
♪ 3段目1小節はもっともっと小さくする。
♪ 2番はハミングなし。

●あの町この町
38ページ
♪ 1段目3小節
ハミングは1小節前のピアノ伴奏の練習レを聴いて歌いだす。
♪ 2段目1小節から
ソプラノテノール
リズムは原曲と違うので注意する。
暗くならない。張りのある声で明るく歌う。
♪ 3段目2小節
ソプラノ 最後のファは正しいリズムで。少し民謡調で。
バス 明るく歌う。舌は後にしないこと。
♪ 3段目3小節
最後の音をきれいに響かせる。

 

♪2019年5月7日

1番人気の親睦会を開きました。
ほぼ全員参加!
笑顔の会話。
持ち寄りの美味しいお料理、お酒。
恒例のビンゴ大会。

心から楽しんだ夜でした。

さて、明日も自主練しますよ!

 

♪2019年4月17日

10/6の住之江の第九に向けて、第九練習初日となりました。
多数の第九を歌いたい方をお迎えしてスタートしました。

第九練習のポイントを録音を元に文字にして発信しています。今回は途中で録音が止まっていました。後半は記憶を頼りにしています。十分でないことをお許しください。

第九練習のポイント(〜626まで)
♪ 238
子音を先に出す。
を抑えない。
フローをしっかり歌う。
♪D
ソプラノも歌う。
朗々と歌う。
アルトは主役。
あなたの魔法が離れた者が時の流れにより強制的に再び結びつける時が来る。
東西ドイツのように突然に壁ができて家族が引き離された悲劇をあなたの魔法で再び結びつけると言う意味もある。
♪ 258
bi 破裂音
wie 唇と歯を使う。フロイデと同じように。
♪ 259から260
アルト さらに歌いだす。
♪ 264
バスしっかりと伸ばす。
♪D
テノール いろんな人がいる中で少しおかしな人のような調べがテノールです。
♪ 263から264
朗々と歌う。
やわらかさを歌う。
♪ 284
バス 我慢しきれずに飛び出すように歌う。ラの音をきれいに響かせる。子音Jを出す。
♪ 285
カンマに注意する。音を切る。
♪ 288
rund!響きを大切に。勢いはいらない。
♪ 289
nie gekonntスフォルツァント
nie強い否定。
弱々しくならない。
♪ 288から
バス いい声で。
♪ 290
バス 言葉よりきれいな音の響きで。
♪G
ソプラノ 変奏の部分ですのできらびやかに歌う。
♪ 319
cherub大天使
スフォルツァントで。
♪ 315から316
アルトきらびやかに興奮して歌う。
♪M
テンポは早め
♪ 549
スフォルツァント
♪ 553
feu火を吹くように
♪ 557
スフォルツァント
♪ 570
スフォルツァント
アルトは低いが大切な部分。
♪ 586
スフォルツァント
♪ 595
テノールバス すっと出す。
♪ 603
明るく歌う。
♪ 606
アルト スフォルツァントだが、頑張らない。

 

♪2019年4月3日

本番まで4日となりました。
「本番の前の練習に仕上げてきますねー。」と先生の言葉が印象的な練習でした。コツコツと練習した成果が出たようです。先生から本番迄は、風邪や怪我のないようにしましょう。

第6回「住之江の第九」は、10/6の開催が決定しました。頑張りましょう。

4月の誕生会。楽しく踊って盛り上がりました。

連絡事項
総会案内、親睦会の知らせ、住之江の第九参加再募集チラシ

練習のポイント
20ページ
♪ 3段目2小節
テノールバス 言葉を歯切れよく。
♪ 3段目3から4小節
アルトバス しっかり歌おう。
21ページ
♪ 2段目
男声の後を受けて女声も同調して歌う。
♪ 2段目4小節
「は」ドイツ語っぽいしっかりとした子音にする。
22ページ
♪ 1段目1小節
ソプラノ 1拍目の「ポン」を突っ込むように。
アルト 4拍目の「ポコ」をはっきりと。
23ページ
♪ 2段目3小節〜24ページ1段目1小節
付点4分音符のリズムの変化をはっきりさせる。
24ページ
♪ 2段目1小節
バス 休符に注意。
♪ 2段目2小節
テノール テンポを守る。
25ページ
♪ 1段目2小節
フェルマータ音を伸ばす。
♪ 2段目3から4小節
ソプラノアルト リズムをつけて歌う。
♪ 3段目3小節
バス 「きしゃきしゃ」しっかりだす。メロディ。
26ページ
♪ 1段目3小節から2段目3小節
ソプラノアルト 言葉を強く歌う。
♪2段目3小節
ソプラノアルト 「ふ」息の流れをつける。
27ページ
♪ 1段目2小節から3小節
ソプラノアルト 言葉を強く歌う。
♪ 2段目1小節から2小節
テノールバス 歌詞を強く歌う。
28ページ
♪行進曲のようにしっかりと足を上げて。リズムをつける。
♪ 2段目3小節
バステノール 短く歌う。
29ページ
♪テノールバス しっかりと歌う。
30ページ
♪表情をつけて歌う。
♪楽譜を見ても良いが顔は前を見て楽譜の高さは個人の都合の良いようにする。
♪ 2段目1小節
ソプラノアルト 「み」歯切れよく。
♪ 2段目
ソプラノアルト 滑舌よく歌う2番。
♪ 3段目に1小節
テノールバス暗く歌わない。女声を受けて明るく。
♪ 3段目1から2小節
テノールバス滑舌をよく。「みち」をはっきりと。
31ページ
♪ 2段目
テンポが遅れる。
アルト 子音を前に出してテンポが遅れないように。
ピアノの音を聞いてから歌うと観客の耳には遅れて届く。
観客にタイミングが合うように先に出て歌う。
32ページ
♪ 2段目
テノールバス 「どん」をしっかりと歌う。
合いの手とメロディの展開に慣れるように。
35ページ
♪ 2段目2から4小節
ソプラノ 音程が下がらないようにテノールと同じにならない。1音目がしっかりと下がっていないから。
4ページ
♪楽譜の1曲めにすぐにめくれるように工夫する。
5ページ
♪ 3段目2小節
「んば」と歌わない。「ば」の子音を歌う。
♪本番は楽譜ありなしは自由です。
♪店舗の変わり目曲の入りは色を見ること。

♪江戸っ子風チャキチャキで歌う。言葉を歯切れよく歌う。
4ページ
♪ 2段目
16分休符を感じて歌う。
5ページ
♪ 1段目
しっかりと歌う。
♪ 3段目5小節から6ページ2段目2小節
メロディーを歌う。
朝の情景をすがすがしく歌う。
6ページ
♪ 2段目3小節から3段目5小節
夕方の情景をフォルテで歌う。
7ページ
♪ 2段目から
色とりどりの長い堤防におぼろ月が昇る情景を歌う。
♪ 2段目1から2小節
錦のように歌おう。
8ページ
♪ 1段目2小節
リズムは1番と違う。
♪ 2段目
感動的に歌う。
この一瞬の千金の眺めを何と例えられようか。
♪ 3段目1小節
景気よく歌いきる。
♪楽譜を糊づけする。

 

♪2019年3月20日

本番まで残り2回となりました。熱の入った練習となりました。
1回本番で歌った曲でも安心しないで、しっかりと見直す事を、最後の締めくくりの言葉として頂戴しました。復習を忘れないようにしましょう。

今夜のポイント
いつの日か
●証城寺の狸囃子
20ページ
♪ 3段目2小節
テノールバス スタッカートを意識する。
♪ 3段目3から4小節
アルトバス もっとしっかり歌う。
21ページ
♪ 1段目3から4小節
テノールバス 間違えて飛び出さない。
23ページ
♪ 1段目2小節
休み。
24ページ
♪ 2段目3小節
バス 音程注意。
●汽車のうた
25ページ
♪ 1段目1小節
バス 音程注意。
♪ 1段目2小節
フェルマータ注意。
♪ 3段目2小節
アルト 2拍目しっかりと歌う

27ページ
♪ 2段目1から2小節
ソプラノアルト クレッシェンド。
♪ 2段目3小節
ソプラノアルトメゾピアノ子音はたっぷりと歌う。
28ページ
♪縦のラインを揃える。
●みかんの花咲く丘
♪爽やかに歌う
31ページ
♪1段目
バステノール 若々しくすがすがしく歌う。
♪強くなると躍動感がなくなる。
●どんぐりころころ
♪「ころころろん」は明るく。
♪メロディラインはしっかり歌う。
32ページ
♪ 3段目3小節
テノール メゾフォルテで。
34ページ
♪ 2段目3から4小節
テノールバス 音程とリズム要注意。
♪ 3段目
ソプラノアルト テンポに注意。指揮を見る。
テノールバス どんぐりのセリフなので強くならない。音程注意。
♪ 3段目4小節
ソプラノアルト あまり小さくならない。
テノールバス 1拍の長さで。
35ページ
♪ 1段目1小節
なく。パートリーダーが先に泣き出して、それにつられて周りが泣き出す。
♪ 1段目4小節
アルト 明るく。
♪ 2段目2小節
ピアノ。
♪ 2段目2から4小節
要練習。テンポ、音程。
♪ 2段目4小節
フォルテ。さりげなく。
●しゃぼん玉
♪ハーモニーが美しくなった。
4ページ
♪ソプラノ 明るい響きで歌う。
♪ 2番は少し悲しげに限りのある歌声で。
5ページ
♪ 1段目4小節から2段目1小節
テノール音程注意。
♪ 1段目4小節と2段目4小節
バス 1オクターブ下の音を伴奏が弾いているので、バスらしい音で下から支える。
♪ 3段目2から5小節
音を安定させよう。明るく歌う。
●花
♪江戸風にチャキチャキ歌う。
6ページ
♪ 2段目3小節
明るく。
7ページ
♪ 2段目
フォルテ
♪ 3段目1から2小節
メゾフォルテ
♪ 3段目3から4小節
ピアノ
8ページ
♪ 2段目2小節
フェルマータ美しく。

♪2019年3月6日

3/6
久しぶりに中村先生の練習がありました。2回の自主練の成果があり、お褒めの言葉を頂きました。特に男性に。
南港コーラスフェスの案内配布。
「花」楽譜を渡す。
ルークススペイの第3回演奏会の案内。
弥生3月の誕生日会。

練習のポイント
いつの日か より
●しゃぼん玉
前奏で呼吸しよう。
1番は明るくおおらかに。
2番は少し陰りのある歌声で。
4ページ
♪ 2段目3小節
ソプラノ言葉を大切に。
バス 「や」音を下げない。
♪ 2段目1小節
アルト 頬から上に響かせて歌う。言葉を大切に。
♪ 3段目1から2小節
アルト 言葉の流れを
バス 喉で歌わない。頬から上に響かせる。特に低い音は気をつけよう。浪曲風にならないように。
15ページ
♪ 1段目2小節
風に呼びかけるように。メルヘンチックに。
アルト 清々しく。
♪ 1段目3小節
「ふ」息を使う。口をすぼめてろうそくの1本を吹き消すように。
アルト あまりデクレッシェンドしない。
♪ 1段目4小節
アルト なめらかに言葉を歌う。
テノール 「ん」音に注意。
バス 浪曲のようにしないで、響かせる。
♪ 3段目1小節
ソプラノ暗くならない。1人で飛ばす感じにしない。
●どんぐりころころ
32ページ
♪ 2段目
ソプラノアルト 横隔膜の支えで「ころころ」を歌う。
♪ 3段目4小節
バス 「どんぶりこ」演技をして普段と違う姿を見せよう。
33ページ
♪ 1段目
バス メロディー。
♪ 1段目4小節
バス「は」1拍分伸ばす。
♪ 2段目
テノールバス ドジョウは短く可愛いからそのように歌う。
34ページ
♪ 2段目2から3小節
バス 休符に注意。メロディーの邪魔にならないように。
♪ 3段目
どんぐりのセリフ。
ソプラノの後をアルトが同じように続けて歌うから、ソプラノの歌声に合わせて歌う。
♪3段目1小節
バス 1音目は前の小節の最後の音と同じ音です。
♪3段目4小節
アルト 半音進行。「し」は明るく歌う。
35ページ
♪ 1段目4小節
アルト 「らせ」明るく。
♪ 2段目2から4小節
ソプラノ音程に注意。
バス 可愛らしく、さらっと。
♪ 2段目4小節
ソプラノ 短く。ドにならないように。
アルトバス 気張りすぎない。
●証城寺の狸囃子
20ページ
♪ 3段目3から4小節
アルトバス 音程同じ。
♪ 3段目3小節
アルトバス「ツつ」は同じ音。
♪ 3段目4小節
アルトバス「みな」狸は多数だとイメージする。
21ページ
♪ 2段目2小節
ソプラノアルト「は」喉の奥が摩擦するように歌う。
「ぎ」高めに。
♪2段目4小節
ソプラノアルト「は」喉の奥が摩擦するように歌う。
23ページ
♪お経は真面目でなくコミカルに。アクセントがあるのでバキバキと。テンポが速くなる。
22ページ
♪アルト 「ぽんぽんぽこ」16分音符のリズムを明瞭に。
24ページ
♪ 1段目2小節
お経「ぜー」浪曲のように。
♪ 2段目1小節
8分休符が重くなる。長くなる。
♪ 2段目2小節
「みんな」多数の狸をイメージする。

 

♪2019年2月13日

中村先生の指導がない水曜日は自主練習をすることになりました。

男性の積極的な練習したい気持ちから、欠席者の復習と歌えない部分の克服をします。
4月の南港コーラスフェスティバルに向けて練習に励みました。頑張りましょう!

練習のポイント
どんぐりころころ
32ページ
♪ 2段目
アルトソプラノ 音色を揃えよう。
♪ 2段目4小節
アルトソプラノ 明るい音色にする。
♪ 3段目3から4小節
ソプラノアルト 子音にアクセントをつける。
33ページ
♪2段目1小節
「ぼーっちゃん」と歌う。
32ページ
♪3段目4小節
バスセリフはコミカルにそしてリズム通りに。
33ページ
♪2段目
バス ドミファミレソド
♪ 2段目3小節
バス 音程注意。
♪リズムを刻んで歌う。
32ページ
♪ 3段目1小節
テノール1拍休み。
♪ 3段目1から2小節
テノール音程注意。
33ページ
♪ 1段目2小節
テノール音程注意。
♪ 1段目3小節
テノールセリフは大阪弁で。
34ページ
♪ 2段目4小節
フェルマータは一旦止まる。
♪ 3段目4小節
ディーテヌート急激に遅くなる。
ソプラノアルト最後のソは短く。
♪ 3段目
ソプラノアルト 明るい音色で歌う。
♪ 2段目3小節
バス 1拍休み。
♪ 2段目3から4小節
バス リズム注意。
♪3段目
バス 音程注意。
35ページ
♪ 1段目1小節
泣くは一斉にではなくバラバラなタイミングで泣き出す。
ハンカチで鼻をかむ女性。
♪ 1段目2小節
アルト ハ長調になり明るく歌う。
♪ 2段目2から4小節
ソプラノ 音程注意。
アルト 「ころころ」は2つ分で1拍分になるリズムです。
♪ 2段目1小節
「た」は1拍伸ばす。
♪ 2段目2小節
テノール半拍休んで歌う。
♪ 2段目4小節
テノール短く。
♪ 1段目4小節
バス「こま」音は下がる。
♪2段目4小節
バス音を戻す。

しゃぼん玉
4ページ
♪ 2段目3小節
バス「ま」高めに。
♪ 3段目
バス低い音でもはっきりといい声で歌う。メロディーを感じて歌う。
♪ 2段目1小節
「しゃ」Sを出す。
♪ 2段目3小節
「ま」高めに。
♪ 3段目4小節
「た」はソプラノアルト同じ音に歌う。
♪ 2段目3小節
テノール 「やね」同じ音。
「ま」しっかり上がる。
♪ 3段目3小節
テノール「れて」下がる。
5ページ
♪ 1段目4小節
テノール「しゃぼん」下がり過ぎる。同じ音。
「だま」下がる。
♪ 3段目1小節
休符に注意。
♪3段目2から5小節
音が下がらない。指揮を見て切る。
♪ 1番は明るく歌う。
♪野口雨情の子供が亡くなった悲しみ意味が込められていると言われているが、明治大正の頃は死産早死が珍しいことではなかった。だから悲しみを込めて歌うほどの事は無い。
♪前奏で自然と息をたっぷりと吸って歌い出す。1拍目ー吐く。2拍目吸う。

 

♪2019年2月6日

住之江区生涯学習フェスティバル本番直前の練習になりました。1月から急に上手くなったとお褒めの言葉をいただきました。
4月の本番は、どんぐりころころとしゃぼん玉を練習して臨むことになりました。
10月には、この合唱曲集をすべて歌う事を目標となりました。
2月の誕生会は、5名さま。賑やかに歌声が響きました。Tさんからの手作りプレゼントもありました。

●練習のポイント
いつの日かより
証誠寺の狸囃子
23ページ
♪ 1段目4小節〜次のページ1段目1小節
ソプラノアルト 太い横隔膜から声を出す。表情明るく。テンポが遅れないこと。
♪1段目3〜4小節
お経はアクセントをつける。
22ページ
♪ 2段目1小節
歌い出しを特に注意して合図を見る。
24ページ
♪ 2段目4小節
お鈴のタイミングに注意。
♪2段目2小節
「こいこい」アクセントをつける。
汽車のうた
25ページ
♪1段目1〜2小節
「P」をつける。
汽車の蒸気のように。
♪1段目2小節
前の小節よりも力強く。
♪3段目3小節
男声 途切れずどんどん歌い続ける。
27ページ
♪1段目2小節
テノール 低い音をしっかりと出す。
♪3段目1小節
テノール 低い音をしっかりと出す。
♪3段目3小節
テノール 低い音をしっかりと出す。
29ページ
♪1段目1〜2小節
3拍伸ばす。符点2分音符。
みかんの花咲く丘
30ページ
♪1段目1〜4小節
前奏は大きな拍で吐く吸う。そして歌い出す。
歌っていない間も明るい表情で。
♪3段目1小節
男声は明るく歌う。
♪入退場の注意
姿勢と表情
楽譜はさっとめくれるように工夫しておく。

♬どんぐりころころ
32ページ
♪2段目
男声は主旋律。
アルトはソプラノのように軽やかに明るく。
♪3段目3小節
テノール 歯切れよく。
♪ 3段目4小節
バス歌のお兄さんのように明るく。
33ページ
♪ 1段目3小節
観客から笑い声が出るように、セリフは明るく高い音で。
♪ 1段目1小節
バス メロディーを忘れずにしっかりと歌う。
♪ 1段目4小節
アルト ファで歌う。
34ページ
♪ 2段目4小節
インテンポで。
♪ 3段目
テンポに注意する。
35ページ
♪2段目2から4小節
ピアノからフォルテへ。
要練習
哀愁を帯びる。

 

♪2019年1月30日

インフルエンザが大流行ですが、団員は元気でした。見学の方は即日入団されました。うれしいですね!

連絡事項
2月10日住之江区生涯学習フェス集合時間等
南港コーラスフェス参加費徴収
親睦会について
住之江の第九演奏会日程について

練習風景とポイント
証誠寺のたぬきばやし
20ページ
♪3段目2小節
男声は女声と同じ音量になるように大きな声で歌う。
♪ 3段目3小節
クレッシェンドすること。
21ページ
♪ 2段目1小節
2小節休んで、歌い出す。
22ページ
♪ 2段目1小節
ピアノを見て歌い出す。
♪ 1段目
ソプラノ ポンポコは軽やかに。4拍目のポンは強めに。
♪楽しくポンポコを歌う。
♪女声はピアノとお経に合わせて歌う。
♪2段目2小節
アッチェレランドが始まる。
23ページ
♪1段目4小節から
女声はお経に負けないようにしっかりと歌う。
♪2段目2小節
ソプラノ 「こいこい 」踏み込んで強く歌う。
♪楽譜は左手で持ち右手でめくる。
♪2段目3小節
アルト シを強く歌う。
24ページ
♪1段目1小節
アルト レを強く歌う。
♪2段目2小節
八分休符は楽譜どおりに。
「みーなで」 と歌う。
♪2段目3小節
伴奏のアクセント3回目まで伸ばして「い」を歌う。

汽車のうた
25ページ
♪ピアノを見てしっかりと歌い出す。
♪力強く「ポ」のPを発音する。2つ目の「ポ」も口を閉じてPを発音する。
♪伴奏が刻むリズムにのって歌う。
♪3段目2〜3小節
休まず歌う。
♪3段目3小節〜26ページ1段目2小節
男声はしっかりと歌う。
26ページ
♪1段目3小節
「黒い煙を出し」歌詞をしっかりと歌う。
♪2段目2小節
「白い湯気ふいて」歌詞をしっかりと歌う。
♪3段目1小節
「スピード」は低い音だがしっかり出す。
27ページ
♪1段目1小節
バス 「も」が下がり過ぎない。
♪1段目2小節
バス 1拍目「れ」半音下がってナチュラルになる。
♪1段目2〜3小節
テノール 要注意
♪2段目1〜2小節
バス メロディーをしっかり歌う。
♪2段目3小節と3段目2小節
「だ」は短く。
28ページ
♪4声が同じ歌詞で歌うようになる。それまでは、掛け合いで歌詞とポッポであった。合唱の素晴らしさが感じられる。
♪アルト 音を高めにとり、朗々と張りのある声で。
♪2段目3小節
だんだん早くなる。
♪2段目3小節〜3段目1小節
テノール リズムがずれない事。
29ページ
♪1段目1小節から
テンポが120に戻る。

みかんの花咲く丘
30ページ
♪叙情的に
♪明るい響きで歌う。
♪テンポを守る。
♪2段目1〜4小節
ソプラノ 軽やかに音は高めに。「み」は清々しく。
♪2段目4小節
ソプラノ 最後まで伸ばす。
♪3段目3小節
ソプラノ 低い音だがしっかり歌う。
♪3段目1小節
アルト 3音目が低くならないように。
♪2段目4小節〜
テノール 軽やかに。
♪3段目3小節
バス 休まず歌うつもりで。
31ページ
♪2段目2小節
「ぽ」言葉を明確に歌う。


 

♪2019年1月16日

 

正月気分もなく、2月の本番さながらの練習となりました。指揮なしの本番に緊張感があります。

 

 

 

中村先生から2つの演奏会をご紹介されました。

 

chorus LUX SPEI & LA FENICE合同ミニコンサート

 

②河内長野ラブリーホール合唱団演奏会

 

 

 

1月生まれの誕生会はお二人。おめでとうございます。

 

 

 

証誠寺の狸囃子

 

♪印象づけるように元気よくコミカルに歌い出す

 

P.20

 

3段目1小節

 

スタッカートは楽しげに弾むように

 

3段目2小節

 

スタッカートは楽しげに弾むように

 

P.21

 

1段目2小節

 

テノールはバスの「俺らの」を引き継いで「ともだちァ」を歌う。

 

P.22

 

♪女声はお経の4分音符でリズムをとる。

 

2段目1小節

 

必ずピアノのタイミングで歌い出す。

 

P.23

 

1段目2小節

 

伴奏 ズチャズチャを聞いてお経を始める。

 

1段目4小節

 

リズムが甘い。

 

1段目4小節〜P.24 1段目1小節

 

ソプラノ エネルギッシュにはつらつと。

 

アルト 初めからお腹を使うこと。

 

2段目1小節

 

アルト 「お」お腹の力を抜かない。

 

2段目2小節

 

「こいこい」一つ一つちゃんと歌う。

 

2段目3小節〜P.24 1段目1小節

 

お経の付点4分音符はきつく。

 

アルトは要練習。

 

P.24

 

1段目1小節

 

アルト 1音目はお腹の力を抜かない。高い音。

 

1段目2小節

 

お経の最後の音からずり落ちる。

 

2段目2小節

 

ピアノの合図を見る。

 

休符に注意する。

 

2段目

 

アンサンブルをしている気を使う。

 

2段目3小節

 

フォルテシモで4拍伸ばす。

 

 

 

汽車のうた

 

P.25

 

♪ピアノの合図を見る。

 

♪汽車の力強さのあるポッポーから始める。

 

3段目3小節〜P.26 1段目2小節

 

男声はメロディ部分を強く、ハモリは弱めに歌う。

 

3段目3小節4小節

 

バス 音の長さを揃える。

 

P.26

 

3段目1小節〜P.27 1段目1小節

 

男声 付点のリズムをきっちりと。

 

3段目3小節〜P.27 1段目1小節

 

女声は明るく弱めに。

 

P.27

 

1段目2小節

 

「レ」はナチュラルの音になるので、あまり明るくならない。

 

1段目2小節〜3小節

 

テノール リズム注意する。

 

2段目3小節〜3段目3小節

 

女声はメゾピアノで。

 

2段目3小節

 

休符に注意する。

 

3段目1小節と3小節

 

テノール 2分音符の長さに注意する。長くならない。

 

P.28

 

♪行進曲のように。

 

2段目1小節

 

アルト 音が低い。

 

2段目2小節

 

「き」しっかりと歌いきる。

 

2段目3小節

 

女声はメゾフォルテで少し弱くなるが、弱々しかならない。

 

2段目3小節〜3段目1小節

 

女声は、「森」「林」「田」「畑」の言葉をはっきりと。

 

男声は音の長さと休符に注意する。

 

P.29

 

1段目

 

ソプラノ 音を高く。

 

 

 

みかんの花咲く丘

 

P.30

 

♪ソプラノ 斜面に白いみかんの花が美しく咲いているようにしっとりと歌う。

 

1段を2小節ずつブレスをとって良いが、気持ちは4小節で歌うように。

 

2段目2小節

 

アルト 「は」しっかりと歌う。

 

2段目3小節

 

アルト 半音進行をしっかりととる。

 

3段目

 

テノール リズム注意する。

 

3段目2小節

 

バス リズム注意する。

 

P.31

 

1段目4小節

 

女声 軽やかに。

 

♪2018年12月19日

 

今年最後の練習でした。男性全員歌いました。

 住之江の第九募集にかなりの反響がありました。有り難いです。

 

いつの日か

 P.28P.29 汽車

 alla marcia 行進曲のように

 ソプラノ

 P.28

 1段目2小節 「やね」多くの屋根をイメージする。

 2段目2小節 「のき」の「の」をしっかりと歌う。

 3音目は「い」と歌う。

 3段目3小節

 「ポッ」アルトの1オクターブ上をしっかりと乗っかる。

 P.29

 1段目1小節〜2段目1小節目

 音を高く。蒸気が抜けていくように。

 

アルト

 P.28

 1段目2小節

 1音目をしっかりと歌う。

 1段目3小節

 「やね」をしっかりと歌う。

 2段目2小節

 「の」強調する。

 2段目3小節

 「み」音程注意。

 3段目2小節

 5音目「と」しっかりと上げる。

 6音目「へ」半音下げる。

 3段目3小節

 「ん」をしっかりと歌う。

 P.29

 3段目12小節

 蒸気が出るように。

 テノール

 P.28

 2段目1小節

 「ちかく」しっかりと歌う。

 2段目3小節

 2回とも同じ音の長さにする。

 P.29

 3段目1小節

 下がる。

 バス

 P.28

 1段目2小節〜3小節

 「や」はしっかりと上げる。

 メロディー 「ね」だけ違う。

 全パート

 P.28

 1段目3小節

 「む」しっかりと踏みしめる。

 2段目3小節

 テンポが少しずつ早める。

 P.29

 1段目1小節

 テンポを戻す。

 3段目3小節

 ピアノ

 ♪すべて

 休符の表現をきっちりと守る。

 P.3031

 みかんの花咲く丘

 ソプラノ

 ♪低いが高い音のつもりで歌う。

 ♪さりげなくほのぼのと歌う。

 P.30

 2段目4小節

 弱くならない。

 3段目2小節

 「みち」の後切れ目になる。

 P.31

 1段目4小節

 楽しくしっかりと美しく。

 アルト

 P.30

 2段目3小節

 「さいて」しっかりと音を上げる。ソプラノについていく。3度。

 ♪ソプラノに寄り添って明るく歌う。

 P.31

 1段目4小節

 楽しくしっかりと美しく。

 テノール

 P.30

 3段目1小節

 休符

 3段目12小節

 リズム「の」しっかりと伸ばす。

 P.31

 1段目12小節

 リズムに注意する。

 1段目34小節

 全員で上を歌う。

 ♪演歌にならない。

 バス

 P.30

 3段目1小節

 1小節前の最後のテノールの半音下と同じ音から始まる。

 3段目2小節

 「みち」テノールの下を歌う。

 3段目3小節

 お腹の支えでもって歌う。

 P.31

 1段目12小節

 リズムに注意。

 1段目34小節

 上から2音目を歌う。

 2段目2小節

 「とおく」半音にならない。ファソラ

 2段目3小節

 「か」高めに。

 証城寺の狸囃子

 P.20

 3段目1小節

 「お」を強調する。

 ♪コミカルで楽しく歌う。

 3段目3小節

 「つきよだ」強調する。狸が200匹出てくるように。

 P.21

 1段目2小節

 アルト 音に注意。重くならない。

 ソプラノ、アルト 2音目が抜けないように。

 ソプラノ 低い音はお腹を張る。

 テノール、バス お腹を空洞にする。響きを良くする。

 2段目2小節

 「ぎ」しっかりと上げる。

 3段目1小節

 バス 「うかれて」もっとうかれて歌う。

 P.22

 1段目

 ソプラノ、アルト リズムをしっかり歌う。16分音符がはまらない。テンポを守る。

 2段目

 テンポが速くなる。

 拍の頭を揃える。

 P.23

 1段目4小節〜P.241段目1小節

 ソプラノ フォルテ

 2段目3小節

 前の音と同じ。

 1段目4小節〜

 もっとお腹を使う。

 2段目1小節

 「お」しっかりと出す。

 P.24

 1段目1小節

 テノール、バス 「ぜー」音をずり下がる。

2段目1小節

 休符に注意する。

 2段目2小節

 休符、アクセントに注意する。

♪2018年12月12日

 

日が落ちてずいぶん冷え込んだ夜でしたが、練習をがんばりました。忘年会と1万人の第九が終わって合唱曲に気持ちを切り替えました。

 

 12月生まれを祝いました。K氏はお仕事の都合で欠席されました。お二人に温かな歌声を届けました。

 

 連絡事項

 

210日の出欠

 

オータムコンサートの写真DVD予約

 

 

練習のポイント

 

■「いつの日か」汽車の歌

 

25ページから27ページ

 

♪明るく元気よく歌いましょう。

 

25ページ1小節目

 

汽車が蒸気を出すように歌う。

 

ソプラノとテノールは木をなぎ倒す位の力面強さで歌う。

 

アルトは根音ですのでしっかり歌う。

 

25ページ2小節目

 

フェルマータはしっかりと伸ばしましょう。

 

25ページ4小節目

 

テノールバス3拍目で入ること。

 

25ページ5小節目

 

休符を忘れない。

 

25ページ1から6小節目

 

ソプラノテノールリズムと音程を揃える。

 

伴奏が刻むリズムを感じること。

 

25ページ7から8小節目

 

汽車が走るイメージを持つ。

 

25ページ9小節目

 

ソプラノ「き」高めに

 

25ページ10小節目

 

アルト音程に気をつける。

 

25ページ9から10小節目

 

テノールバス一拍半で入る。

 

♪スタッカートは歯切れよく。

 

♪カスタネットを思い出し、1拍の休符を感じる。

 

25ページ11小節目から転調

 

25ページ11から12小節

 

バスはメロディー。明るく「ポッポ ポッポ」

 

25ページ12小節から26ページ

 

「ぽっぽ」をしっかりと出す。

 

26ページ1から2小節

 

テノールメロディー。

 

26ページ1小節目

 

アルトは明るく歌う。

 

26ページ2小節目

 

ソプラノ階名ドレミファ

 

女声は2拍休み。

 

26ページ3小節目

 

アルトはソがナチュラルになる。半音上げるだけ。

 

26ページ3から4小節目

 

ソプラノ1オクターブをしっかりと歌う。

 

26ページ3から6小節目

 

テノールバスは文字が小さい。

 

バス音が変わると言葉も変わる。

 

蒸気がポーンと抜けるように歌う。

 

26ページ7小節目

 

バスはメロディー。

 

26ページ8小節目

 

バス「ま」半音上がる。

 

26ページ9小節目

 

バス「も」音程下がる。

 

26ページ12小節目

 

アルトは「シュシュ」は11小節目「ポッポ」と同じ音に戻る。そしてソプラノの1オクターブ下になる。明るく。

 

26ページ8小節から27ページ1小節目

 

テノールはメロディー。

 

27ページ1小節目

 

3音目は隣の音。

 

27ページ2小節目

 

バス3音目は2拍伸ばす。

 

テノール「はしれ」3回歌う。

 

バスの「はしれ」を聞いてテノールは歌い出す。

 

27ページ6小節目と8小節目

 

男声 休符を忘れない。

 

27ページ6から9小節目

 

男声 リズムを感じて。

 

27ページ7小節目9小節目

 

テノール4音目は2拍。

 

♪2018年11月21日

 

 練習のポイント

 

⬛️第九 851小節から最後まで

 880から895小節

 2分音符の長さを歌う。短くならないように音をつなげる。

 DiesenWelt!の文章を1つにつなげる。

 903小節

 2分音符の長さを守る。

895から903小節

 1音ずつ短くならない。

 アルト 横隔膜をずっと下まで下げて横隔膜の幅だけの声を出す。

 アルト 大型ブルドーザーで軽自動車並みの小回りを聞かせる。軽く歌わない。

 897小節

 アルト 低い音をしっかりと支えて歌う。

 899小節

 ソプラノ Welt!まで歌う。

 895から903小節

 バス 雑にならない。響きが大切。

 テノール 表情や顔で歌わない。

 906小節

 ソプラノ しっかりと音符の高さをすぐに歌う。ずりあげない。

 テノール 息はしっかりと支える。

 915小節

 フォルテッシモで歌う。

 904小節

 Fは、下唇を歯につけて息を吐く。

 母音が大切。息を使う。

 910小節

 ぶつけないで歌う。

 アルトとバスは1オクターブ下の音をしっかりと歌って支える。

 915小節

 アルト しっかりと音を上げる。

 916から920小節

 テンポを遅くしない。楽譜通り。

 918小節

 スフォルツァントを注意する。

 919小節

 丁寧に。

 857小節

 ソプラノ ミは高く歌う。

 半音進行注意すること。

 858小節

 ソプラノ ラ高く。

 861から863小節

 息をしっかりと使う。響きがなくならないようにする。

 863小節

 t!を忘れない。

 865から863小節

 バス リズムを注意。

 864から179小節

 縦のラインの言葉を合わせる。

 863小節873小節

 カンマまで続けて歌う。

 ドイツ人が聞いても意味のわかるように歌おう。

 916からラスト

 テンポは851小節と同じとなる。早くなる。

 ■証城寺の狸囃子

 20ページ1段目2段目は歌わない。

 ♪はじけて楽しく歌いましょう。

 420ページ下の段3から4小節

 アルトとバスは同じ音で手をつなぐように歌う。

 21ページ1段目2小節

 ソプラノとアルト ぽんを明るく。

 お腹を空洞にしてお腹から出す。

 22ページ

 女性は可愛らしく。

 ソプラノは民謡っぽい音程と考えると音が取りやすい。

 ステレオ効果に聞こえるように。

 22ページ下の段2小節目

 クレッシェンド。

 22ページ下の段3小節目

 だんだん速くなる。

 23ページ

 お経は2拍の後入る。

 23ページ下の段3小節目

 付点四分音符を注意する。

 23ページ下の段1小節目

 アルト 「さん」しっかりと支える。

 4 24ページ下の段

 休符を忘れない。

 フェルマータは一旦止まる。

♪2018年11月7日

 11月から新曲挑戦です。源田俊一郎先生編曲の童謡メドレー「いつの日か」

 

 1万人の第九座席チケット、忘年会の案内など、早くも12月が近い流れです。

 

 11月生まれの誕生会はお二人でした。おめでとう🎉ございます。

 

 ◼️今夜の練習のポイントは

 

第九581903小節

857858小節

ソプラノ 音程をしっかりと正しく。横隔膜から背筋を使う。体を支えて正しいことを保って歌う。

アルト 横隔膜の幅から声を出す。息を吸った時に横隔膜をしっかりと下ろす。筋力を使って歌う。単語を聞かせてフレーズを持って歌う。

 862863小節

アルトスペースしっかりと出す。

 863小節

lt! 指揮を見て歌う。

 865小節

 ユゥーバァーm 発音注意。

 872小節

 常に音を高く取る。お腹を使って支える。音羽頭の上に響かせる。

 874875小節

 アルト ソの音程が大切。

 865868小節

 ソプラノ リズムを正確に。

 高い音は喉以外の筋肉を使う。

 869小節

 ソプラノ ラの高い音は一つ前の低い音の支えがあって音を上げられる。

 例えばジャンプする前には膝を曲げるように。

 869873小節

 ソプラノ 上に上げた音は100キロ持っているつもりでしっかりと支える。

 例えば椅子を手で持っている時の腕お腹の筋力を使って歌う。

 873から876小節

ソプラノ 頭に抜ける音で。

上がった音を筋肉で支えて下に落とさない。

874から875小節

アルト 音の動きに注意する。ソプラノと同じ動きです。

 855から858小節

 テノール 単語を聞かせるように。

 855小節

 テノール ザイトゥムシュルンゲン発音注意

 863小節

 テノール lt!指揮を見る。

 865小節

 テノール ユゥーバァーm 発音注意。

 857小節

 バス1オクターブ下で。

 863小節

 バス lt!指揮を見る。

 865868小節

 バス この音形は4小節前からコントラバス、チェロ、ファゴット、コントラファゴットが演奏している。しっかりと丁寧に歌うこと4回とも同じく歌う。

 865から876小節

 バス言葉を大切に歌う。

 856小節

 男声 1つの単語として歌う。

 858小節

男声 3拍目を伸ばさない。

864小節

ここでやっとハモるのできれいにハモる。 

880894小節

 4分音符をフレーズとして歌う。

 Welt!を丁寧に発音する。

 der ganzen Welt!を一つのフレーズとして歌う。

 ベートーベンは何度も繰り返す。その鬱陶しいところが良いところである。

 895小節から

 アルト 音はマルカートだけれどノンレガート。滑らかでないけれど音は短くしない。

 898から899小節

 アルト zen Welt  音をごまかさない。

 898小節

 アルト ラの音が抜けている。

 903小節

 2分音符。

 897から901小節

 バス ラはシンコペーションでアクセントをつける。

 

いつの日か

 20ページ9小節〜24ページ1小節

 20ページ9から12小節

 スタッカートを正しくつける。

 20ページ11から12小節

 アルト・バス   同じ音階で1オクターブ違う。

   21ページ下の段から

 お経はテノールは少し高め、バスは少し低め。そして1人ずつ違う音でバラバラで良い。

 22ページから23ページ1小節

 ソプラノは同じ音階の繰り返し。クレッシェンドを

 意識する。休符に気をつける。

 23ページ3小節

 男声 こーく

 23ページ7小節

 男声 付点4分音符に注意。

 23ページ5小節

 アルト ラの音は高めに。

 24ページ1小節

 男声 だーい

 24ページ2小節

 男声デクレッシェンド。

 ♪この曲は少し位音をはずしても良い。可愛らしく歌わない。楽しい感じで歌う。リズム読みボコボコなど。

 ♪汽車はノリが良くどんどん行く感じで歌う。

 ♪みかんの花咲く丘はきれいに歌う。

 ♪どんぐりころころまで行けたらいいな。